滞納した税金の分割払い交渉に自信のない方がとるべき手段

中小企業であれ大企業であれ必ず直面すると言っても良い問題が、納税という問題です。売り上げが順調で支払いも予定通りであっても、納税の事を忘れていて赤字決算と言うことは意外にもよくある事です。特に新規で事業を立ち上げた時には、確定申告の事が頭に入っておらずに、特に消費税の事を忘れがちになってしまいます。消費税は納税義務としては計算に入れていないケースも多く、売り上げが大きいほど払えないという事業者も多いのです。滞納してしまった税金は当然支払わなければなりませんが、どうしても支払えない時には分納を交渉することが出来ます。

 

滞納をしてしまった時には、事情はどうあれペナルティを課せられてしまいます。事業規模によりますが、大きな滞納税を課せられたり、税務署の担当者から納税のためのノウハウを伝えられたりすることもあります。しかし、その多くは事業の状況を加味していない一般的な事柄ですので、参考程度にすべきでしょう。

 

また、滞納税の交渉については差し押さえなどの面倒な処遇を受けることもしばしばあります。交渉術に自信の無い人が自ら出向くことで、かえって問題をこじらせることがあります。このような時には担当の会計事務所や税理士、経営コンサルタントに相談することをお薦めします。