リスケジュール交渉に自信がない方がとるべき手段とは?

企業がリスケジュールを考える時と言うのは、運転資金が厳しくなり金融機関などへの返済が難しくなる時に考える、と言うケースが非常に多いようです。しかし経営状態がうまくいっていない時のリスケジュールが、本当に最善の手段なのかを迷うことも十分に考えられます。その理由として、リスケジュールを行うと新規に融資をうけることも難しくなるからです。結果的に資金調達に柔軟性がなくなり、経営を圧迫することも考えられます。つまり、リスケジュール交渉をするにあたり、以上のようなことを頭に入れて交渉する必要があります。

 

リスケジュール交渉を成功させるために必要なポイントとして、あまりにも卑屈になり過ぎないということが挙げられます。もちろん融資をお願いするときと同様に、こちらからお願いをするわけですから、低姿勢である必要はあるでしょう。しかし、あくまでもビジネスとしての一環ですので、お互いに得な交渉であることをアピールする必要はあります。また、かつて正式な契約を経て、合意に至ったものを破棄することになるわけですから、この点を忘れてはなりません。

 

さらには、融資を受けている金額の大きさを忘れてはなりません。借りている金額が大きければ大きいほど、金融機関側も大きなリスクを伴うことになりますので、大人数で交渉にあたるケースは珍しくありません。こちら側も相当の人員を確保して、圧倒されることが無いように用意する必要があるでしょう。またその人員には財務・経理の専門家を同席させると尚よいでしょう。