総合マネージメントサービスのリースパック無料審査を受けてみました

リースバックは、自宅などの資産を売却してもリース賃料を支払うことで、そのまま使用しつづける賃貸契約を指しますが、総合マネージメントのリースバックの流れは以下の通りです。

 



 

  1. 不動産売却、
  2. 売却した物件の所有者と新たな賃貸契約の締結
  3. 売却して得た資金に対しての返済

 

リースバックのメリットとしては住宅ローンなどの債務に対して、支払いが困難になり滞納してしまうような事態を避けることができます。住宅などが競売を掛けられる事態になりますと、人生設計に大きく関与することとなり、最悪の場合は自宅を手放さなければならないことも考えられます。任意売却になりますと最終的には立ち退き、引越しを余儀なくされますが、リースバックであればそのまま自宅で生活を続けることができます。それによって一緒に暮らす家族に与える影響もすくなくなりますし、ご近所にも悪い噂が立つことも避けられます。

 

また、リースバックには買戻し優先権を付けることが出来ます。これにより、リースバックの残債終了後に自宅などの不動産を買い戻すことが出来ます。不動産売却で資金を得る前に、リースバックを検討に入れることは大切なことです。将来、売却した不動産を再取得したいと思っても、再び手に戻るかはわかりません。住み続けられるリースバックで、大切な資産と家族を守りましょう。