ビジネクストの診療報酬債権ローンの利用体験談

診療報酬債権ローンとは、その名の通り診療報酬債権を担保としてローンを組む金融商品となります。債権を担保とするためファクタリングに該当するものと考えてよいでしょう。本来医院で治療を受けた際に、患者は医療費を自己負担として3割分負うことになり、その後当該医院は診療報酬と国に請求して、診療報酬明細の審査を経た後に残りを受け取る事とになります。しかし医院の経営の都合などで、資金繰りのためになどに、医療報酬請求権を担保として資金調達のために使用することがあります。これを診療報酬債権ローンと呼んでいます。様々な金融機関が商品としており、ビジネクストでも取り扱っています。

 

ビジネクストの診療報酬債権ローンの特徴は以下になります。まず、対象者は保険医療機関、調剤薬局事業者、介護事業者等となります。そしてその申込者の年齢として、20歳から満69歳までとなっています。資金の用途としては事業資金専用としてのみ利用が可能です。信用保証料や事務手数料は一切かからず、実質年率も5.0%から15.0%とかなりリーズナブルな設定になっています。また、保証人や不動産担保の不要となります。一般的にも診療保証債権は優良な資産とされていますので、他に担保を設定する必要はありません。最大で4か月分の診療報酬債権を評価してくれます。