おすすめファクタリングは資金調達プロ

資金調達プロで複数のファクタリング会社に対して事業資金調達の無料一括見積ができます

 

安定的な売掛債権(売掛金)があれば、運転資金の調達なら資金調達プロの無料診断後即日で1,000万円資金調達可能なファクタリング会社をご紹介します。利用された会社の93%以上が劇的に資金繰りが改善されています。
カンタン10秒で結果がわかる無料診断をお試しください。

 

 

 

資金調達プロでファクタリング会社一括査定後、即日1000万事業資金調達できた事例多数

会社経営を行う人なら、売掛債権の回収を考えた時にファクタリングを検討した経験があるでしょう。しかしファクタリングを行うにも信頼できる会社に依頼しなければなりません。
信頼できるファクタリング会社とは、サービスの質や債券の回収能力のほか、支払い能力にまでその調査が必要になります。依頼をしたファクタリング会社に資金力が無ければ、不良債権になる可能性もあるからです。しかし自分の会社の経営に手一杯で売掛回収が難しい企業にとって、ファクタリング会社の調査にまで裂く時間は少ないことでしょう。
そのような時には、最適なファクタリング会社を探してくれる無料の診断サイトを利用することを検討してみるのも1つの手立てです。資金調達プロは提携事業者数が多大で、資金調達のための専門家も多数所属しています。日本最大級の資金調達サイトですので、その情報量は最適なファクタリング会社を選べることを保証します。
資金調達だけでなく、経営や財務に関することまでプロ集団がコンサルティングしますので。幅広い分野で経営を助けてくれます。資金調達プロでもコンサルティングで資金繰りを改善し、会社の経営状態を立て直した会社は沢山あります。その後も資金繰りが改善し銀行の融資も安定的に受けられるようななったケースが沢山あります。

 

 

 

黒字倒産のリスクヘッジにファクタリングを活用

 

近年、黒字倒産の件数が増えています。売り上げは順調なのに、支払いが多く売掛金が多い場合に起こる現象です。2012年のデータでは、倒産した企業の実に45%が黒字倒産というデータが存在します。黒字倒産を回避するには、いかにして早期に売掛金を回収し、キャッシュフローの流動性を改善するかにかかっています。その方法の一つとして近年注目されているのが、ファクタリングです。
黒字倒産の原因のほとんどはキャッシュフロー、すなわち資金繰りを把握していないことが大きな要因です。ファクタリングによってわずかな手数料を支払うことで、数か月先に現金化される売掛金を回収することができます。これにより会社支払いの業務を円滑に行うことができます。
つなぎ融資を検討するのもひとつの方法ですが、赤字決算の場合は厳しい場合が多いですし、銀行などの金融機関の判断によっては融資を受けられない場合も考えられます。金融会社側の審査も非常に厳しくなってきています。

 

Sponsored link

 

短期資金調達手段としてのファクタリング、メリットとデメリットをわかりやすくご説明

 

金融機関からの融資を受けられなかった場合は、ファクタリングを検討するのも一つの方法でしょう。ファクタリングは売掛金さえあれば、非常に短期間で資金を調達できる方法です。

 

ファクタリングのメリットとしては以下のことがあげられます

 

  1. 回収が難しい売掛金を回収することで、キャッシュフローが改善される
  2. 資金に余裕ができることで、取引量を増加させられる
  3. 債権請求権なしで売掛債権売買を行う場合、負債に該当しないためバランスシートが改善する
  4. 債権請求権なしで売掛債権売買を行う場合、万一譲渡した債権の売掛先企業が集金前に倒産しても、売掛金回収リスクが存在しないため、安定した経営が可能となる。
  5. 企業倒産の可能性がある場合も、新たな取引先との新規契約を結び取引先調査を入れておけばリスクヘッジともなる。
  6. 税金の滞納や、赤字決算に左右されず、売掛金さえあれば現金を手にできる
  7. ファクタリングを行っても売掛先、取引先に気づかれない
  8. 最短で今日中に債権を現金化できる

 

ファクタリングのデメリットは以下の通りです。

 

1.融資に比べると手数料が割高となるケースが多い
2.ファクタリングを行うには法人間の売掛金が必要となる

 

Sponsored link

 

 

即日事業資金調達ファクタリングの種類

 

昨今ファクタリングによる金融業者は増える傾向にありますが、それでもまだ一般的な認知度は低い資金調達方法です。ファクタリングは売買した売掛債権の回収が困難になった場合に、債権額を自身が保証する方法と、金融機関が保証する方法の2種類あります。大抵は前者の償還請求権の有る売掛債権担保融資をとられるでしょう。一般的に後者は、償還請求権の無いノンリコースと呼ばれ手数料が高くなります。

 

Sponsored link

 

延現金払いとは?気になるメリットとデメリット

 

延現金払いのメリットとデメリットについてわかりやすくご説明します。
売掛金の決済方法としまして、最近増えている「延現金払い」。

 

例で言うと、毎月売掛金を締め日に現金で支払うのが普通ですけど、支払い期日を60日後と設定する事ができ、現金で支払う日を延ばす事が出来ます。

 

手形を振り出すよりもコストが掛からなくなったので、この形を取る事があるのです。

 

但し、信用がないと簡単ではないでしょう。

 

ではさらに、延現金払いにつきましてのメリットとデメリットを詳しく説明します。

 

延現金払いのメリット延現金払いとは、手形を振り出さず、手形期日に相当する日にお金を振り込むという決済方法です。

 

「期日指定振込み」と呼びますこともあげられます。

 

延現金払いのメリットとして、「手形発行に伴う、管理費や印紙税などのコストが削減出来る」という点が挙げられます。

 

取引数の多い大手や中堅企業とりましては、手形を使わない決済手段は大幅なコスト削減になり、合理的であるので、期日現金払いが増加していますのです。

 

延現金払いの他、手形に代わる一括支払いシステムなどの決済手段が、大手間を中心に浸透しつつあげられます。

 

一括支払いシステムとはその為、一括ファクタリングのことなのです。

 

一括ファクタリングの導入が進んだおかげで、現在の手形交換金額は、従来の約5分の1に減少してしまった。

 

ただ、手形取引の件数が数十以内の中小企業にとりましては、コスト削減のメリットが小さいため、未だに手形決済を実践してる企業も少なくないです。

 

買掛金額が多く、支払いに時間のかかってしまう建築業におきましては、まだ手形取引が一般的です。

 

延現金払いのデメリット延現金払いのデメリットとしましては、手形みたいに融通が効かないのだという点が挙げられます。

 

手形であれば、受取り側の希望により、一部の金額を割り引いて早期資金化することができます。

 

延現金払いの場合、支払い側との合意で決済金額・時期が決まるため、自由に資金化ができない。

 

また、回し手形のように支払いに利用できませんというデメリットもあげられます。

 

回し手形とは、自社に振り出されました手形を別の取引先に譲渡して、買掛金の支払いにあてる行為です。

 

たとえると、支払企業Aから下請企業Bに振り出された手形を、企業Bの取引先企業Cに譲渡するだけで、支払いの代わりとします。

 

上記の例で言うなら、B社がC社に支払いを行う際、A社に比較する売掛債権を支払いに回したくても、A社が代わりに支払ってもらえるわけではありません。

 

A社から売掛金の決済がさせられるまで、B社はC社への支払いを別の手段によりまして行わないそしたらならない。

 

次のように、延現金払いは資金繰りの柔軟性に欠けているのです。

 

延現金払いより、ファクタリング延現金払いのデメリットの解決策として、ファクタリングが活用されます。

 

ファクタリング会社を間に挟むことで、支払期日を前倒しして、売掛金を受取れるようになるのでしょう。

 

ファクタリング会社が代金の立て替えを行うため、代金受取り側は、所定の手数料を支払う必要がある。

 

(融資で言ってみれば、利子にあたる。

 

)ファクタリングを利用するだけで、延現金払いでは実現できないでした、以下のメリットがある。

 

売掛金の入金日を早めるってことが出来る(最短で即日)売掛債権の一部金額だけを資金化出来るまた、手形支払いに伴うコストを削減しましたり、売掛先の倒産リスクを回避できるといいましたメリットもあります。

 

早期資金化の際も、手形割引の審査に比べれば、ファクタリングの審査は易しいです。

 

延現金払いや手形払いよりもリスクが低く、柔軟な資金調達を可能にしたのが、ファクタリングなんです。